墓地のご案内

大願寺はその昔、「佐渡高野」といわれ、佐渡での高野山の役割をしていました。島民が極楽浄土を願い、荼毘にふす死人や骨が運ばれてきた廟所であったことは、今日でも付近の砂丘から大量の骨や骨壷が出土することでも明らかですが、1345年時宗に転宗する以前は真言宗に属し、領主の祈祷寺として栄えていたといわれています。又、天台宗であったという説もあり、それは、昔「朝に念仏、夕に題目」を唱えていたからです。壮大な自然、夕焼け、虹の島・佐渡で永代にわたってお墓を守り、供養します。

先祖供養

宗派を問わず各家先祖代々、戒名又は法名にて供養を致します。

永代供養

宗派を問わず永代供養を致します。

永代合同供養塔(永生の園)

「墓地継承者がいない」、「子どもに面倒をかけたくない」、「自分ひとりのお墓を」。 継承者のいない方でも、無縁にならないよう「永代合同供養塔(永生の園)」をおつくりしました。
宗派を問わず永代供養を致します。

お申し込み

電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。

電話:0259-55-2127
メールはこちらから